渋谷文泉閣 新卒採用サイト新卒採用サイト

採用情報 ENTRY

INTERVIEW社員の声

技術

製本の面白さに感動!
初心を忘れず、憧れの名工を目指して

田中 菜緒
製本・技術 2018年入社
愛知県名古屋市立工芸高校 卒業

学校の授業で訪れた展示会での出会いが
きっかけに

愛知県出身で、名古屋市にある高校で印刷や出版などを学ぶ学科に通っていました。授業の一環として、毎年、印刷機材関連の展示会を訪れます。そこで渋谷文泉閣の展示に出会い、惹かれました。以前から気になっていた「なぜ本はこうなっているんだろう」という様々な疑問に答えてもらい、製本の面白さに感動しました。夢中になって話し込み、集合時間に遅れるほどでした(笑)。

翌年の2年生の時にはブースの担当者に名刺をいただき、3年生になって進路を決める際、渋谷文泉閣で働いてみたいと先生に相談しました。上製と並製、両方の製本を行なっている会社は全国でもあまりなく、もう渋谷文泉閣しか見ていませんでした。先生が名刺をもとに電話をかけてくれ、そこから面接、入社へとつながりました。

さまざまな紙の特徴を把握し糸で綴じる
上製本の要「かがり」を担当

現在は、本の背を糸で綴じる「かがり」という工程を担当しています。伝統的な上製本の工程であり、丈夫な本を造る大切な工程です。当社のかがり機の所有数は国内トップクラスで、それが強みでもあります。

最初は先輩から基本を教えてもらい、そこから作業をしながら覚えていきます。わからないことはどんどん聞いて、新しいやり方を覚えています。今はひとりで1~2台の機械を担当しているのですが、紙の種類は本当に多種多様でそれぞれに 癖があり、機械の設定はワンパターンではありません。厚い紙は失敗すると針が折れたり曲がったりしてしまいます。自分でいちから機械を設定するのは非常に難しく、苦労しています。ただ、紙の特徴などは少しずつわかってきましたし、うまく調整ができた時は嬉しいです。

その一方で、常に折丁(折加工し頁順に並べた1冊分の紙)を手に持ち、まとめて運ぶ力仕事でもあるので、腕がたくましくなってきました(笑)。

INTERVIEW社員の声

「わかる人が見るとわかる」という製本の面白さ

例えば、花布(はなぎれ/綴じた本の背の上下両端に貼り付ける布)は、何ミリかしか見えない部分ながら、全体のデザインと合わせて様々な色の布が使われています。見返し(表紙と本文をつなぐために巻頭と巻末につける紙)も、本の中身やデザインと合った色や質感の紙が選ばれていたりと、興味を持って見ると発見がたくさんあります。この「わかる人が見るとわかる」というのも、製本の楽しさであり魅力です。

本屋さんでは、自分が手がけた本を探すこともあります。意外と身近に並んでいることも多く、それもこの仕事の面白さです。

また、入社前の3月には長野に来て、アルバイトとして製本現場に入りました。その時、1冊1冊を手作業で、特別な紙で包装して仕上げる本がありました。その作業がとても楽しく、また「包むの、うまいね」と褒められたことがとても嬉しくて、製本会社に入社するんだと実感が湧いてきました。手間がかかる作業は大変ではありますが、お客様のこだわりの意図を思い、「どうして、この仕様を選んだのかな」などと考えていると、楽しくなってきます。

「かがり」が一人前になり、いずれは手製本の仕事へ

今の目標は、「かがり」の仕事を完璧にできるようになること。そして、ゆくゆくは製本の全ての工程を覚えたうえで、手作業での製本に携わりたいと思っています。「信州の名工」(卓越技能者知事表彰)を受賞した当社の技術者、小林宏一さんのことは入社前からホームページで知って憧れていました。いちから手で造る束見本(装幀や仕様を確認するために本番と同じ用紙・頁数で造る見本)の製作など、小林さんにしかできない技術があるので、いつかそれを学び、跡を継げればいいなと思っています。

MESSAGE

最近、感じているのは、初心を忘れてはいけないということ。先日、先輩から「最近、覇気がないな。入社した時は、もっと目が輝いていたよ」と言われました。働いているうちに、だんだん目の前の作業ばかりに精一杯になり、本づくりへ思いや楽しさを忘れていたことに気が付きました。職場の先輩が、きちんと私のことを見ていてくれている、というありがたさも感じ、日々の作業に埋もれないようにしないといけないと実感しました。大切なのは「自分がどうするか」。初心を忘れず、皆さんも一緒に頑張りましょう。

私の一冊

母校の100年史を当社で受注し、その「かがり」作業を担当しました。自分と関わりのある本に携われたことがすごく嬉しくて、すぐに恩師に電話をし、「あの本は私がかがったんですよ」と報告。とても喜んでいただきました。製本会社に就職したやりがいを実感しました。

村山 拡也
営業

営業部 2014年入社
村山 拡也

中澤 美郎
営業

営業部 2002年入社
中澤 美郎

田中 菜緒
技術

製本・技術 2018年入社
田中 菜緒

小林 宏一
技術

製本・技術 1981年入社
小林 宏一